光回線の前座が長く

ちゃんとはがき、荷物を送り届けるには
・正しい住所
・正しい宛先
が必要になります

これが IP アドレス、MAC アドレスのイメージですかね?
この MAC アドレスを知らないと、はがき、荷物は届けられないんです

この住所をパソコンはどのように解決をしているのかといいますと
「ARP」という機能を使って、パソコン同士で住所の交換をしていました

光回線の前座が長くなってしまったのですが
この ARP というのはネットワークを学ぶ、理解する上ではかなり必要になるものなのですが
実は IPv6 には ARP というものがありません

じゃあどのようにして MAC アドレスの交換をするのかといいますと
「Neighbor discovery(以下ND)」というものを使います
この機能は ICMPv6 を利用して MAC アドレスの交換だけじゃなくていろんなことまでやります
それが ND となります

この ND の仕様はこんな感じみたいです
英語で何かいているのかわかりませんがw

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ